アニメと音楽のお店、ANIERAリリースパーティーを振り返って

昨年、12月27日にANIERA待望のリリースパーティーを開催することが出来ました。
足を運んでくださった皆様、本当にありがとうございました。

応援してくれる方々に初めて顔を合わせて「私たちがANIERAです!」とご挨拶する機会でもあったので、なんとか無事に終えられて、本当にホッとしています。

さて、当日はどうだったかと言うと、設営段階からかなりドタバタしておりました。
大量のCDを運んだり、福袋を詰め込んだり、会場の飾りつけをしたりと、想像以上に時間がかかってしまいました。

リリースパーティー
販売ブースを準備している所

幸い、手伝ってくれた方がたくさんいましたので、なんとか開始時間までに間に合わせることが出来ました。

女性スタッフの2人には、手作りのお菓子や、軽食を作ってもらいました。
とっても可愛らしいクッキーや、女子力満載のクラッカーなどなど。

僕もひとつ頂きましたが、とても美味しかったです。

アニエラリリパ

トークタイムには、ゲストとして「平日ジャックアニソン部」のDJ RAMOONE(ラモーン)君をお呼びして、2015年のアニメを振り返ったり、アニソンの売上について話をさせて頂きました。(ラモーン君の衣装が素晴らし過ぎましたw)

アニソントーク
左:ラモーン  右:GUNSHI

ラモーン君はデータDJ(パソコンやUSB、CD-Rに取り込んだ音源から曲を流すスタイル)が主流のなか、何十枚というCD(原盤)をDJの現場に持ち込み、一枚一枚オリジナルパッケージからCDを取り出してDJプレイをするという非常に珍しいスタイルのDJ。

原盤DJは、

・重いCDを毎回現場に持ち込まなければならない。
・パソコンなら何万曲と現場に持ち込めるが、CDは持ってこれて100曲程度と球数が少ない。

など、デメリットの方が多い気もするプレイスタイルなのですが、なぜ「CD原盤」にこだわるのか。
CDにかける想いや、良いアニソンとの出会い方などなど。

笑いを交えながら、素晴らしいお話をして頂きました。
本当にありがとうございました!

ラモーンCD
現場に持ち込まれるCD達

そして、練りに練ったクイズ大会。
みんなチームになって、あーだこーだと言いながら、和気あいあいとクイズに挑戦していました。

クイズの難易度めっちゃ高かったと思うんですが、以外にも正解が多くてビックリしました。
強者揃いでしたね(笑)

福袋や持ってきたCDもかなりの方が買ってくださいました。
また、仕込んで置いたお宝CDにも気付いてもらえて嬉しかったです。

最後には、リリースおめでとう!とたくさんの方からお祝いのお花やプレゼントを頂きました。
本当に、本当にありがとうございます。

プレゼント

こうしたトークメインのパーティーを開いたのは初めてだったので、色々と準備や進行で至らない事も多かったと思います。
皆様の応援がなければ、ANIERAの誕生も、このイベントもなかったと思っています。

これから、僕らは僕らに出来ることで、皆様に恩返ししていきます。

アニメと音楽好きの居心地の良い場所を作っていけるように、
これからもスタッフ一同努力して参りますので、今後ともANIERAをどうぞよろしくお願い致します。

アニエラリリパ
乾杯!