同人音楽が集う場所!M3 2015年秋!行ってきました。

同人音楽の即売会「M3 2015 秋」に行ってきました!

長野から車で片道約3時間。
スタッフと共にワイワイ盛り上がりながら行ってきました。

普段査定や出品作業で室内に籠りきりになることが多いので、みんな太陽で死にそうになっていました。(溶ける・・焼ける・・)

11時丁度くらいに会場の東京流通センター(TRC)についたのですが、入場を待つ人の列に圧倒される田舎系スタッフ一同。

本当にすごい人で、M3がいかにたくさんの人達から愛され、期待されているかが分かります。
僕たちも駐車場に車を停め、ワクワクしながら会場へ。

M3

会場について、事前に購入しておいたパンフレットを出します。
※パンフレットがないと会場に入れないのでお気をつけて。

第1会場と第2会場があって、スタッフと二組に分かれて各会場へ。
僕は第1会場に事前にチェックしていたサークルさんがいらっしゃったので、第1会場へ。

扉を開けた瞬間、ぶわ~っと熱気が来るのを感じました。
今回の参加サークルは過去最高の約1400サークル。

『よかったら視聴してみてくださ~い』
『新譜ありま~す』
『ありがとうございま~す』

色んな方向からこんな声がバンバン飛び交っています。
お客さんもサークルもスタッフもすごい熱気です。

あまりの熱量に圧倒されながらもお目当てのサークル みかん汁ふりかけ さんの元へ。
会場マップを頼りに歩いていたのですが、広いし人は多いしで結構迷いました。

みかん汁ふりかけ

無事到着してCDをゲット!!

3種類出ていたのですが(確か3枚だったはず・・・声かけるのに割と緊張していてうる覚えですw)全部下さいと言ったら、本当にありがとうございますと何度も声をかけてくれて、

いえいえ、こちらこそこんな素敵な音楽を作ってくれてありがとうございますって思いましたけど、スーパーシャイモードに突入していたのでそんなセリフは言えるはずもなく笑顔で退散しました。

企業ブースでは、高山みなみさんや豪華声優陣が手配りでチャリティーCDを販売していたり、セガの新作音楽ゲーム「CHUNITHM(チュウニズム)」の体験コーナーがあったりとこちらもすごい活気でした。

僕は知らなかったのですが、CDの販売だけでなく、新製品の体験コーナーや、トーク、ライブパフォーマンスなど、様々なコンテンツがありました。

写真は撮れなかったですが、どのブースもすごい活気でとても良かったです。

会場の雰囲気に飲まれたり、視聴して良かったものを購入していたら、最終的にはすごい量買っていました。

M3 戦利品

気付いたらお金が溶けていた。。。
でもどれも素敵な買い物でした。

サークル参加者の皆さま、お疲れさまでした。

まとめ!CDはまだまだ死んでないぞ!

職業柄、贔屓目も多少はあるかもしれないのですが、今回M3に初めて参加してみて、まだまだCD死んでないなっていうのを体感しました。

ダウンロードの時代とか、シェアする時代だとか、CDはデッドメディアだと言われていますが、僕はまだまだ元気あるなって今回思ったし、これからも真剣にこの仕事に取り組んでいこうと思えました。

ANIERAでは、まだ同人音楽の委託販売は行っていないのですが、これからもっとお店の知名度を上げて、現場に行けない人や、長野県の地元の人達が気軽に同人音楽が買えるような体制を作っていきたいと思っています。

同人音楽最高です。

これからもアニエラは同人音楽や、音で何かを表現するすべての方を応援していきます。