安曇野古民家DIYシリーズ。ポスター撮影用にトタンを貼ってみた。

アニメと音楽のお店「ANIERA」による、安曇野古民家DIYシリーズ。
今回は、ガンプラ回を少しお休みして、ガチDIY回でお送りしたいと思います。

安曇野古民家DIYシリーズって何?という方は、こちらからどうぞ。
古民家DIYシリーズ 記事一覧

本格的に新事務所(古民家)に作業場所を移動して、そろそろ1ヶ月が経とうとしております。

バリスタを置いたり、加湿器やストーブを置いたりと、それなりに事務所っぽくはなっていますが、まだメインフロア以外は手付かずの状態です。

完璧になるのはいつになるのか・・
仕事の合間をみつつ、少しづつ作業を進めていかねば、と焦っている今日この頃でございます。

壁にトタンを貼る

さて、インターネット販売には、商品の撮影ブースが欠かせないのですが、今回作りたかったのは、ポスター・タペストリー類の撮影ブース。

CDやDVDなどは、日当たりの良い窓側の机で撮影すれば良いのですが、ポスター・タペストリー類は難しいのです。

まず、大きいものだと、下に広げるスペースがなかったり・・・
巻きが強いものだと、なにか重い物で四隅を抑えていないと、広げる事すら出来ません。

撮影しようと思ったら、重石が外れてぎゅるるるる?っと元に戻ってしまうなんてザラです(泣)

そこで考えたのが「マグネット方式」

壁にマグネットでポスターを貼り付ける事が出来れば、撮影しやすくなるのでは??とゆー発想で、トタンという磁石が付く金属板を購入し、壁に貼り付けてみようと考えました。

まず、DIYで余った木で骨組みを作り、強力両面テープを貼っていきます。

古民家DIY

こんな感じです。
そして、そこに購入したトタンを貼り付けます。

安曇野古民家DIY

0.8mmくらいの厚さのトタンを買ってしまったため、なかなか重かったです。。。
おそらく、もっと薄くて良かったと思います。

古民家DIY

裏側から見るとこんな感じです。
ばっちりくっついてますね!

さらに、超強力接着剤(名前忘れました)を木とトタンの隙間に注いでいけば、もう完璧に剥がれません!
素晴らしい!職人芸!

上にも同じようにトタンを貼り付けます。

古民家DIY

結構重いので、上の方は付くか心配でしたが、ばっちりでした。

いや?素晴らしい。
思った通りの出来栄えです。

感動の完成となったので、さっそくポスターを貼り付けてみました。

古民家DIY

なんとも立体感のあるポスターですね。
まるで紙の中から出てきたかのような迫力があります。

一瞬、3次元か!?と思ったんですが、よくよくみたら、3次元でした。

いや、よくよくみても、3次元でした。

すみません。こっちが本当のポスター。

古民家DIY

完璧・・・

これでもう、強い巻きに悩まされる事も、
立ったり、しゃがんだりを繰り返して腰を痛めることもありません。

立って、貼って、撮る。

これだけでOK。
なんてすばらしい響き。

さて、そんなこんなで撮影スペースのDIYは終了!
これで撮影作業もはかどるってもんです。

協力してくれた皆様、ありがとうございました。
本当に、僕の人生は人の助けによって成り立っているなと痛感します。

このご恩は、事業を通して返させて頂きます!

次回は、その後に行った社長スペースのフロア替えをお送りします。
楽しみにしてくれている方がいるかわかりませんが、次回もお楽しみに★

PS:信じてください。アニメと音楽のお店です。